床に座って生活する日本人には、ソファよりギャッベの方があっているのだと思います。

座り心地がよくて、ギャッベの上が知らず知らずのうちに生活の中心になっていきます。

展示会では、素敵なギャッベがたくさんあります。

「もう、なんでこんなに素敵なんだろう」と、うなるくらい美しい作品ばかりです。

もし、出会ってしまったら「そういうことなんだ」と、覚悟を決めてください。(笑)


~ギャッベをお使いのお客様より~



シラーズ州を遊牧する部族カシュガイ族、ルリ族などによって織られる遊牧民の手織り絨毯がギャッベです。

もともとは、山岳地帯を移動する彼らの生活の中で、羊の毛をざっくりと織ってふかふかに仕上げて、ベッドとして使うために織られてきたそうです。

ギャッベ絨毯の特徴である文様は、伝統的な遊牧民の文様を織り込まれることが多く「羊・ヤギ」などの動物文様や「生命の樹」と呼ばれる木の形などが有名です。

下記のように、それぞれには「願い(意味)」があり、これらの願いが重なり合う事で、1枚の「デザイン」が完成されます。例えば、「生命の木」と「鹿」がデザインされていれば「大切なお子様の健やかな成長と家庭円満」など。お客様の願いを叶える世界に1つしか無いデザインのギャッベを、ぜひお探しください。







寝具( 枕・敷布団・掛布団・シーツ )に関する事は埼玉県春日部市の市川寝具にご相談ください。布団のお直しも承っております。